Bluetooth LE接続ワイヤレスMIDIアダプターが、 電源不要でMIDI機器演奏を可能に

12
Oct
2020
Oslo, Norway
日本語Eng

QUICCO SOUNDの「mi.1 Cable」および「mi.1 II」、Nordic nRF52832 SoC搭載のInsight SiPモジュールを採用することにより、楽器、機器、アプリ間のBluetooth LE MIDI を実現

超低消費電力無線ソリューションのリーディング・プロバイダーであるNordic Semiconductor(OSE:NOD、以下Nordic)は本日、静岡に拠点を置くQUICCO SOUND株式会社(本社:静岡県浜松市/代表取締役CEO:廣井 真、以下QUICCO SOUND)が、同社の「mi.1 Cable」および「mi.1 II」にNordicのnRF52832 Bluetooth® Low Energy(Bluetooth LE)SoC(System-on-Chip)搭載のInsight SiPモジュールを採用したことを発表しました。

「mi.1 Cable」は2つのMIDI機器をワイヤレスに接続し、「mi.1 II」はMIDI機器をスマートフォンとワイヤレス接続するために使用されます。 MIDI(Musical Instrument Digital Interface)規格は、さまざまな電子楽器、コンピュータ、および再生、編集、録音用オーディオデバイスを接続するための通信プロトコル、デジタルインターフェイス、および電気コネクタの技術規格です。

従来の有線MIDIケーブルの代わりとなるよう開発された「mi.1 Cable」は、低電力消費でMIDIポートを流れる少量の電流から直接電力を取得でき、別途バッテリーを必要としない、世界初のワイヤレスBluetooth MIDIアダプターです。
Quote
技術的な問題に対応する開発者フォーラムの存在など、ユニークな顧客および開発サポートを提供しているという点も評価し、Nordicのソリューションを採用しています
QUICCO SOUNDの代表取締役CEOである廣井 真氏は次

「mi.1 Cable」は、たとえば、MIDIキーボードと音源モジュールなど、これまでMIDIケーブルが使われていた接続をワイヤレス化します。MIDI機器やコンピュータ(USB-MIDIインターフェース)のMIDI端子とケーブルを差し込む代わりに、「mi.1 Cable」をそれぞれ端子に差し込むだけでワイヤレス接続されます。ペアリング済みの2個セットで出荷されるためペアリング操作も必要ありません。この接続方法により、双方向のMIDI通信が可能となり、ユーザーはワイヤレスでキーボードを演奏したり、MIDIシーケンサーで自動演奏を行なったりすることができます。

一方の「mi.1 II」は、電子ピアノとスマートフォンをワイヤレス接続し、様々なMIDIアプリが使用可能となります。
Piano Jukebox(無料)でピアノを自動再生したり、アップルGarageBand(無料)でギターやドラムなど、ピアノ以外の音を重ねて音楽制作したり、様々な楽しみ方ができます。当初アップルの独自規格だったBluetooth LE MIDIは、MMA(MIDI Manufacturers Association)で規格化され、いまではAndroidでもMIDIアプリをワイヤレスで使用可能です。「mi.1 II」では旧モデル(mi.1)で非対応だった、MIDIイベントに付与されるタイムスタンプに対応し、正確なタイミングでのMIDIシーケンス再生が可能となっています。現時点で、Bluetooth MIDIアダプターで、タイムスタンプに対応した唯一の製品です。

MIDI機器は、電源アダプターやバッテリーを必要とせず、「mi.1 Cable」および「mi.1 II」をMIDI端子に差し込むだけで使用できます。これは、Nordic SoCが超低消費電力であるという点も理由としてあげられます。nRF52832は、2.4GHzのピーク時RX/TX電流が5.5mAで、NordicのnRF51シリーズSoCと比較し消費電力を最大80%削減する完全自動電力管理システムなどの機能により、電力消費を最小限に抑えるよう設計されています。

NordicのnRF52832マルチプロトコルSoCは、浮動小数点演算ユニット(FPU)搭載の64-MHz 32-bit Arm®Cortex®M4プロセッサと、-96 -dB RXの感度、512KB Flashと64KB RAM の2.4GHzマルチプロトコル無線(Bluetooth 5.2、ANT™、および独自仕様の2.4GHz RFプロトコルソフトウェアをサポート)を備えています。 nRF52832 SoCには、高度なBluetooth LEアプリケーションを構築するためのBluetooth 5.2認証済みRFソフトウェアプロトコルスタックであるNordicのS132 SoftDeviceが付属されています。 S132 SoftDeviceは、セントラル、ペリフェラル、ブロードキャスター、オブザーバのBluetooth LEロールを備え、最大20の接続に対応しています。Insight SiPのISP1507は、nRF52832 SoCと、クリスタル、マッチング、およびアンテナを8x8x1 mmの小型のSystem-in-Package(SiP)モジュールに統合しており、「すぐに使用できる」認証済みのRFコンポーネントとして提供されます。

QUICCO SOUNDの代表取締役CEOである廣井 真氏は次のように述べています。
「『ISP1507-AX RFモジュール』を『mi.1 Cable』および『mi.1 II』に採用した理由は、ピアノ背面に取り付けるため基板を小さくする必要があり、他のモジュールでは配置できなかったこと、コンパクトでありながら無線感度は十分の性能を持っていること、そしてARM Coretex M4の演算能力と大容量メモリにより、複雑なMIDIタイムスタンプ処理対応が可能となったことがあげられます。技術的な問題に対応する開発者フォーラムの存在など、ユニークな顧客および開発サポートを提供しているという点も評価し、Nordicのソリューションを採用しています。」

 

 

Latest news

Customer
22 Oct 2020

BlueIOT employs Nordic’s nRF52833 SoC to provide low power c...

Read More
DoCoMo LTE-M network, Marubeni
Corporate
19 Oct 2020

LTE-M certification of the nRF9160 SiP provides IoT develope...

Read More
Eng
Xirgo
Customer
15 Oct 2020

Low cost Bluetooth LE beacon helps build smarter pallet trac...

Read More
Eng