Android TVベースのメディアストリーミング端末向けに Bluetooth LEリモコンのソリューションを提供開始


Oslo, Norway
日本語Eng

SMKのBTRC01 BLEリモコンのリファレンス設計に、高い処理能力および低レイテンシのBluetooth LE無線接続を備えたNordicのnRF52832 SoCが採用される

超低消費電力無線ソリューションのリーディング・プロバイダーであるNordic Semiconductor(OSE:NOD、以下Nordic)は本日、東京に本社を置くSMK株式会社(以下、SMK)が、同社の「BTRC01 BLEリモコン」のリファレンス設計に、無線接続と高い処理能力を実現するため、NordicのnRF52832 Bluetooth® Low Energy(Bluetooth LE)System-on-Chip(SoC)を採用したと発表しました。

リモコンのリファレンス設計は、Android TVのOSベースのスマートTVやセットトップボックス(STB)などメディアストリーミング端末のリモコンに最適です。「BTRC01 BLEリモコン」は、メカニカルキーと音声制御操作の両方に対応
しており、色は、ブラック、ブルー、レッドの3色展開です。NordicのnRF52832 SoCは、リモコンの音声操作コント
ロール、およびリモコンとAndroid TV間の低レイテンシでのBluetooth LEの無線接続を実現します。
Quote
無線チップを選ぶ際、バッテリー寿命はとても重要なファクターであり、NordicのnRF52832 SoCを選んだ理由もそこにありました
SMKのSCI事業部営業部の小松 遼平氏
このリモコンは単4電池2本で作動し、NordicのSoCによる低消費電力効果により、通常時のバッテリー寿命が長くなります。nRF52832は、2.4GHz通信の5.5mAのピーク時RX/TX電流や、NordicのnRF51シリーズSoCと比較し最大80%も消費電力を削減する全自動の電源管理システムにより、消費電力を最小限に抑えるよう設計されています。

NordicのnRF52832マルチプロトコルSoCでは、96dB RXの感度の2.4GHzマルチプロトコル無線(Bluetooth 5、ANT™、および独自仕様の2.4GHz RFプロトコルソフトウェアに対応)にArmプロセッサを組み合わせています。nRF52832には、Bluetooth 5認証済みのRFソフトウェアのプロトコル・スタックであるNordicのS132 SoftDeviceが付属しており、高度なBluetooth LEアプリケーションを構築できます。S132 SoftDeviceは、Central、Peripheral、BroadcasterおよびObserverのBluetooth LEロールを提供し、最大20の接続でロール動作に同時対応できます。

SMKのSCI事業部営業部の小松 遼平氏は次のように述べています。
「無線チップを選ぶ際、バッテリー寿命はとても重要なファクターであり、NordicのnRF52832 SoCを選んだ理由もそこにありました。また、製品開発にあたり当社をサポートして頂いたNordicのエンジニアからの技術情報の提供や手厚いサポートなども極めて重要なものでした。」

Latest news

A1 Digital
Corporate
21 Oct 2021

The company’s cellular connectivity expertise can help devel...

Read More
Eng
5G
Corporate
19 Oct 2021

The new standard is said to offer very high indoor and neigh...

Read More
Eng
Nordic Thingy:91
Product
14 Oct 2021

With Nordic and Edge Impulse’s easy-to-use development tools...

Read More
Eng