Nordic SemiconductorのマルチプロトコルSoC nRF52840および 開発キットがZigbee準拠プラットフォームとしての認証を取得

nRF5SDK for Thread and Zigbeeを使用し商用のZigbee製品を製造/出荷することが可能に(ZigbeeおよびBluetooth 5/Bluetooth Low Energy(同時)動作する製品も含む)

超低消費電力無線ソリューションのリーディング・プロバイダーであるNordic Semiconductor(OSE:NOD、以下Nordic)は本日、nRF52840マルチプロトコルのシステム・オン・チップ(SoC)およびNordicのZigbeeソフトウェアソリューションが、現在のZigbee PRO(R21)およびGreen Powerのプロキシ仕様のZigbee準拠プラットフォームとして、Zigbee Allianceによって正式に認証されたことを発表しました。

これにより、nRF5SDK for Thread and Zigbee と一緒にnRF52840を使用することで、Nordicのお客様が商用のZigbee 3.0製品を製造および出荷できるようになりました。また、Nordicの他のメッシュソリューションと同様に、ZigbeeおよびBluetooth® 5/Bluetooth Low Energyの同時動作サポートが可能です。
このソリューションが優れているのは、ZigbeeおよびBluetooth 5/Bluetooth Low Energyの同時動作によって、スマートフォンへの接続といったBluetoothネットワークのあらゆる機能をZigbeeネットワークが利用できることです
Nordicのプロダクト・マーケティング・マネージャー、Pär Håkansson

最新のnRF5 SDK for Thread and Zigbeeおよび統合されたS140 v6.1 SoftDevice(または「スタック」)を使用したZigbee Complianceの認証プロセスでは、nRF52840は常時Bluetooth 5/Bluetooth Low Energyネットワークに同時接続していました。

Nordicのプロダクト・マーケティング・マネージャー、Pär Håkanssonは次のように述べています。
「今年の4月に、認証取得済みのZigbee準拠プラットフォームの提供開始予定を2018年下半期とお伝えしました。それを実現できて光栄に思います」

「このソリューションが優れているのは、ZigbeeおよびBluetooth 5/Bluetooth Low Energyの同時動作によって、スマートフォンへの接続といったBluetoothネットワークのあらゆる機能をZigbeeネットワークが利用できることです。これによって、ファームウェアのアップグレードの実行や、スマートフォンから直接あるいはリモートでZigbeeネットワークの制御を行えるようになります」

Latest news

Connect the Community: Design Challenge
Corporate
15 May 2020

The Connect the Community: Design Challenge is calling on cr...

Read More
Eng
UN Developer Program’s Covid-19 Detect & Protect Challenge
Corporate
27 Apr 2020

The UNDP’s Detect & Protect Challenge seeks to develop open ...

Read More
Eng
Nordic Semiconductor Sydney
Corporate
06 Apr 2020

Sydney office to provide fast, on-site support to Nordic’s g...

Read More
Eng