検索オプション


Refine with facets
1GHz未満のRF

1GHz未満の低消費電力RF IC/ソリューション


開発者向けページ
Ask questions, share info, and be inspired!


Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy nibh euismod tincidunt ut laoreet dolore magna aliquam erat volutpat. Ut wisi enim ad minim veniam, quis nostrud exerci tation ullamcorper suscipit lobortis nisl ut aliquip ex ea commodo consequat. Duis autem vel eum iriure dolor in hendrerit in vulputate velit esse molestie consequat, vel illum dolore eu feugiat nulla facilisis at vero eros et accumsan et iusto odio dignissim qui blandit praesent luptatum zzril delenit augue duis dolore te feugait nulla facilisi.


nRFready™ 2.4GHz RF Smart Remote reference design

nRFready™ 2.4GHz RF Smart Remote reference design

 

ノルディックセミコンダクターが提供を開始したnRFready™ 2.4GHz RF Smart Remoteは、マルチタッチ対応タッチパッド、6軸モーションセンサー、QWERTYタイプのフル キーボードを装備した、ハードウェアとソフトウェアからなる総合リファレンス デザイン。同社のnRF24LシリーズSoCGazell™ 2.4GHz RFプロトコルスタックを採用し、最新のWeb 2.0インターネット対応デジタルTVSTB向けのリモート コントロール機器開発に、充実した機能を備えた独自のプラットフォームを提供。


Nordic SemiconductorBluetooth low energy製品群に今回加わったnRF8002は、Bluetooth Smartタググおよびアクセサリーへの使用を目的とした、コスト効率に優れ、消費電力が極めて低く、並外れたデザイン・イン容易性を備えたシングル チップ ソリューションを提供。現在顧客各社にサンプルを配布中。Nordic Semiconductorは、2012227日から31日までスペインで開催されるMobile World Congressにおいて、iPhone® 4SおよびAndroidベースのスマートフォンと連携動作するnRF8002ベースのデザインのデモを実施する予定


 

Nordic Semiconductor2.4GHz ANT超低消費電力ワイヤレス内蔵センサーと3G携帯電話テクノロジを組み合わせた新しいスタイルのナビゲーション・コンピューターを使用すると、自転車走行情報とパフォーマンス・データをインターネットに自動的にアップロードできます。


Nordic Semiconductorは、ワイヤレスジャパンにおいて、製品間で相互運用性のあるBluetooth low powerおよびANT準拠の2.4GHz超低消費電力(ULP)ワイヤレス接続製品ファミリーを出展します。会場ではNordic Semiconductorのワイヤレス専門スタッフがµBlue™チップとANTチップを利用したスポーツ用、健康管理用およびリモートコントロール用アプリケーションのデモを行います。

 


 

nRF51シリーズで最初に公開されるICは、Bluetooth® low energy および 2.4GHz 独自仕様プロトコルのマルチプロトコルに対応したSoCnRF51822と、世界初のANT / ANT+ 対応SoCnRF514222種類です。これらのデバイスは、新開発の高性能・低消費電力の 2.4GHzマルチプロトコル無線ブロックと32-bit ARM Cortex-M0ベースのプロセッサを搭載した共通のプラットフォームを採用しています。この新しいプラットフォームによって、最大50%の消費電力低減、最大9.5dBRFリンクバジェット向上、さらにNordicの旧世代のULPワイヤレスICと比べて10倍以上の処理能力を実現し、業界クラス最高水準を塗り替えました。

 


QFNパッケージで既に提供中のnRF51822およびnRF51422 SoC2製品は、今回発表のウェハレベルチップスケールパッケージ(WLCSP)版により、搭載機能を変えずに基板占有面積を20%にまで削減可能